エスアールエル・静岡がんセンター共同検査機構株式会社

お問い合わせ

クリニカルシーケンス

Sequencer

TOP > クリニカルシーケンス

NGS を用いたクリニカルシーケンス

NGS を用いたクリニカルシーケンス

がん医療は技術の進歩が著しく中でも「プレシジョンメディシン(がんゲノム医療)」は遺伝子レベルでがんを解析し、そのがんにあった治療を行うという先端治療の考え方です。がんを遺伝子の世界で見てみると、それぞれ特徴があることが判り、日々新たな研究成果が世界中で発表されています。

ゲノム解析は、ヒトの体にあるおよそ37 兆個の細胞すべてのゲノム変異を解析する生殖細胞系列と、がん細胞のみのゲノム変異を解析する体細胞系列があり、全身と病変の両方を解析することが対象です。

ゲノムデータベース

ゲノム解析には、全ゲノム解析、全エクソン解析、がんパネルといった解析手法がありますが、次世代シーケンサー(NGS) の技術革新により、短期間で多数の塩基配列の測定・解析が可能となりました。

プロジェクトHOPEは長年にわたりNGSを用いた解析を行い、約5000 例におよぶ日本人のがんゲノムデータベースを構築しています。

当社はプロジェクトHOPEのデータベースのみならず最新のエビデンスと照らし合わせ、臨床の現場で真に役立つ臨床検査結果情報をご提供します。

ページトップ

治療に向かわれる皆様に『心』を込めてお届けします。

静岡がんセンターで脈々と培われた医療に関するノウハウと
エスアールエルの持つ臨床検査に関するノウハウを足し合わせ
新しいサービスとして提供して行きます。

クリニカルシーケンス

申し込みの流れ

お問い合わせ

Copyright エスアールエル・静岡がんセンター共同検査機構株式会社